×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イベントレポ

戻る

2005年4月10日(日)
川田まみ&KOTOKO「スターシップ・オペレーターズ」OP&ED発売記念トークイベント
会場は半蔵門の東京FMホールです。
整理番号順の入場だったのですが、私は300人中295番です(笑)
当たっただけ良しとしますか・・・。

予定通り16時過ぎに、司会のジェネオンN村氏が出て来て微妙に会場を盛り上げた後、川田まみさん登場。
メジャーデビューについての話の後、会場限定でPVのメイキング映像を視聴。
N村氏が、川田さんのメイクさんが可愛いんだよ、と熱く語っていました。(ヲイ!
分身(?)のシーンでN村氏が、立ち位置の確認をしているスタッフを指して「分身が失敗した川田さんです。」なんて言ってますよ。

その後は、会場の人からの質問コーナーです。
1人目の女性の「今後の野望は?」という問いに対し「皆さんの前で歌う事です!」と川田さん。
2人目の男性の「作曲の中沢さんは厳しいと聞きましたが?」には「確かに厳しいけど怖い感じではない。でも、どこが悪いのかをハッキリとは言ってくれない(泣)」などと答えてました。
最後の男性の「花見には行きましたか?」に対し「トンボ帰りなので見ている暇は無いけど、札幌ではまだこれからです。」と答えてました。

川田さんが一度退場して、KOTOKO登場。
CDの話をして、PVのメイキング時の写真を見つつトーク。
テロリストって・・・(笑)
あのオーケストラは、札幌交響楽団らしいです。
N村氏が札響の女性は可愛いんだよ、と解説していました。
このオッサンは、それしか興味が無いのかよwww


最後に2人からポストカードの手渡しと握手が在りました。
取り敢えず私は、「同じ北海道人として応援しています!」と声を掛けてみました。
「あ、どうもありがとうございます〜」って感じの言葉を戴きそのまま退場。

1曲ずつライブがあるかな〜って思っていたけど、普通にトークだけで終わっちゃいましたね。
まぁ、代わりにお二人と握手できたから大満足ですよ。