×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イベントレポ

戻る

2005年7月9日(土)
KOTOKO 2ndアルバム「硝子の靡風」発売記念プレミアム・イベントライブ
渋谷には初上陸となります。
なんで、埼京線のホームから改札まではこんなに遠いんだ?
まさか、改札の中で動く歩道に乗るとはね。

つーこって、「KOTOKO 2ndアルバム『硝子の靡風』発売記念プレミアム・イベントライブ」にやって参りました。(タイトル長っ!)
今日は、この全国巡回イベントの初日です。

道玄坂を登っていた所、当選はがきを片手に走る同業者を発見!
その人の後を尾いて行ったので迷いませんでした。(ぇ
しかし、当たるのは嬉しいのですが、何でまた最後の方なのかな〜?(485番ですよ・・・)
で、やっぱり、かなり後ろの方で見る事に。
オールスタンディングのライブハウスだから、ここからではよく前が見えん(泣)

16時ライブスタート!
「RETRIEVE」「Meconopsis」と2曲続いた後、MCへ。
今回はライブなので出て来ないと思っていたのですが、ジェネオンのN村氏が登場。
のっけから、「島みやえい子で『ULYSSES』でした」などと、ほざいてますが(笑)
話しっぷりからすると、よっぽど島みやさんが好きなようですね。(でも、これKOTOKOのイベントですから)

KOTOKOさんも再び登場し、アルバムの製作裏話へ。
実は納期に間に合わなかったそうです。(そう言えば、1週間ほど発売延期したっけ?)
その後、N村氏の外道ぶりが暴かれつつ、3曲目は表題曲の「硝子の靡風」です。
それから再びMCが入り、抽選会へ。
KOTOKO賞(1名)は、まりもの缶詰です。(食用じゃないですよ)
私は、ポスターもブックレットもまりもも当たりませんでした〜。
次がもう最後の曲だそうで、4曲目の「421 -a will-」へ。
アンコールが湧き上がり始めたものの、すかさず公演終了の放送が入りイベント終了orz

「Re-sublimity」辺りをアンコールしてくれると思ったのですが・・・。
まあ、明日は2回まわしで演るみたいなので、仕方ないかな。
行く前に買った、サイリウムは結局使いませんでしたね。
楽しかったけど、微妙に乗ってなかったので。(後ろの方だったからね〜)
来月の水樹奈々のライブでは絶対必要だから問題ないですが。